トップ≫精神科訪問看護

精神科訪問看護って?

 精神科訪問看護では、精神疾患をお持ちの方や心のケアが必要とされている方、退院された方、外来にて通院されている方皆様に、看護師や作業療法士などの有資格者が、直接ご自宅や入所されている施設にお伺いして、相談をお受けしたり、助言・援助などのトータルサポートをさせて頂きます。精神障害者に対して行う専門的なケアを精神科訪問看護といいます。

ご自宅等にまずは無料でご相談にうかがいます!

どんな方が利用されているの?

  • 病気に対して不安を抱えている
  • 日常生活への様々な不安を抱えている
  • 生活リズムが整わない
  • 薬の飲み忘れ、管理に困ってる
  • 気分転換ができない
  • 衛生管理ができない
  • 幻聴などの症状に困ってる
  • 自傷他害行為がやめれない
  • 対人関係で悩んでいる
  • ご家族として本人への対応に悩んでいる
  • 外来通院が途絶えがちになってしまう
  • 症状に左右されて生活に支障をきたしている
  • 家族との関わりが分からない
  • 病気について家族にも理解して欲しい
  • 病気と向き合いながら就労したい
  • 話や相談をする相手がほしい
  • 夜なかなか眠れなく、疲れがぬけない
  • 意欲がわかず、何もする気になれない
  • 入退院を繰り返したくない
  • 社会復帰に悩んでいる
  • 身の回りの事ができなくて困ってる
  • 夢や現実の区別がつかない
  • 考えがまとまらない
  • 気分が重苦しく、泣きたくなる
  • 物事を悪い方向に考え、イライラする
  • 身体のあちこちが重く感じる


※これら以外にもご利用者様一人一人に合わせた支援をさせて頂きます



どんな診断を受けた方が対象になりますか?

  • 認知症
  • 統合失調症
  • アルコール依存
  • 解離性障害
  • 適応障害
  • 強迫性障害
  • 人格障害
  • 薬物依存
  • 摂食障害(過食・拒食)
  • うつ病
  • 睡眠障害(不眠症)
  • 双極性感情障害(躁うつ病)
  • 高次脳機能障害
  • 不安障害
  • 発達障害
  • パニック障害
  • 知的障害


※精神疾患全般、年齢制限はありません

精神科訪問看護を利用すると・・・

精神科訪問看護を利用すると・・・


その人らしく生き生きと暮らせるように支援します!

サービス内容?

医療支援
  • 服薬管理・服薬ができるように支援
  • 主治医との架け橋となり治療の前進に協力
  • 診療中断の防止
外出支援
  • 気分転換の仕方
  • 通院の援助
  • 散歩買い物同行
就労支援
  • 本人の希望や特徴に合った仕事を共に考える
  • 就労開始後も継続していける為のサポート
  • 日中活動に向けた助言や援助
家族支援
  • 当事者を支える家族の支援(親・子供・兄妹)
  • 様々な制度についてのアドバイス
  • 問題を乗り越えるお手伝い

ご利用料金

利用者様負担

精神科訪問看護料として自立支援医療(精神通院)制度を利用できます。医療保険と公費(自立支援医療制度)を使うことで原則1割負担となりますが、世帯所得に応じて負担上限金額がさらに設定されます。また負担した費用についても殆ど返金されます。また、生活保護の方は費用はかかりません。交通費もかかりません。

詳しくは神戸すみれ訪問看護リハビリステーションまで 078-945-5956

自立支援医療について

自立支援医療(精神通院)制度は,精神疾患(てんかんを含みます)で継続的な治療が必要な方に、通院のための医療費の自己負担を軽減する制度です。

対象となる方

精神疾患(※1)により、継続的に通院医療を必要とされる方が対象となります。


※1対象となるのはすべての精神疾患で、次のようなものが含まれます。

  • 統合失調症
  • うつ病,躁うつ病などの気分障がい
  • 不安障がい
  • 発達障がい


    通院されている医療機関等にもご相談ください。
医療支援

精神疾患の治療にかかる通院医療費の原則1割が自己負担額となりますが、受診者が属する世帯(※2)の市町村民税額(※3)等に応じて負担軽減措置(自己負担上限月額の設定)を行います。

※2 「世帯」とは,住民票の世帯にかかわりなく、受診者本人と同じ医療保険に加入している方をいいます。医療保険の加入関係が異なる場合は、別の「世帯」として扱います。

※3 市町村民税とは、受診者の属する「世帯」のうち、加入している医療保険の被保険者(保険料の算定対象となっている方)が納めている額をいいます。被保険者が複数の場合は、納めている額を合算します。

精神疾患の方に対する支援のワンポイント

精神疾患の方に対する支援のワンポイント
  • 指導しようとせずに本人の思いを受け止める
  • 支援者によって役割を変える(聞き役、伝え役など)
  • 薬を飲めてなくても責めない
  • こうした方がいいという断定的な意見を言わない
  • 支援には相性やタイミングも重要

訪問看護・訪問リハビリサービス提供エリア

神戸市西区・神戸市垂水区・明石市

※上記以外の場所の方でもご相談ください

 

無料体験はこちら

 

神戸すみれ治療院

神戸すみれリハビリステーション


神戸すみれ訪問看護リハビリステーション

事業所番号:2865290346

〒651-2113 兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬1524-3-1F北

TEL 078-945-5956  FAX 078-945-5957

E-mail info@kobesumire-hokan.com